ハルトマン・ベルトラム

駆逐艦ハーメルンIIの副長。平民出身だが若くして大尉に上り詰めており、ザイデルたち平民出身の一般兵たちにとっては「平民期待の星」として敬意を集めている。普段は艦長のアデナウアーから船の指揮全般を任されているため、事実上ハーメルンIIの最高指揮官となっている。職務も立派にこなし部下からも敬愛されている姿を見たランハルトは着任早々ベルトラムのことを評価していた(逆に艦長のアデナウアーの手腕には疑問を感じていた)。

しかしその後、同盟軍の奇襲を受けて艦長が負傷しその場にいたラインハルトに指揮権を譲渡したことを機に問題が発生する。当初はラインハルトとベルトラムの間で指揮権を巡っての争いだったが、やがてそれは拡大し武器を用いた衝突へと発展してしまった。

人物評

軍人として一定の能力を持った人物であったが軍の階級にこだわりすぎるきらいがあった。ザイデルたちからは「平民期待の星」と呼ばれていたが、本人は階級の低い彼らを蔑んでいた。士官学校へ入った理由も「出世して貴族に対して命令できるようになりたい」というものだった。

こういった歪んだ価値観を持っていたため、一時はラインハルトや他の部下の不興を買うことになった。しかし一方で責任感の強い人物であることは間違いないようで誤ってザイデル弟を銃殺してしまった後、その罪を償うかのように自分の命を犠牲にしてザイデル兄を助けていた。

人物ステータス

ベルトラム 人物ステータス

  • ● 白兵戦
  • 6点。昇進速度から考えても優秀な軍人であることは間違いなかった。白兵戦においてもそれなりに卓越していただろう。

  • ● 統率力
  • 7点。その仕事ぶりは迅速で部下からも信頼は厚かった。通常時においては艦長のアデナウアーも指揮を一任していた。

  • ● 人望
  • 6点。本性が知れ渡るまでは兵士から絶大な支持を受けており、ラインハルトやキルヒアイスも高く評価していた。

  • ● 決断力
  • 7点。良くも悪くも自らの信念に正直な人間なので決断は明確で迅速。

  • ● 分析力
  • 4点。常識の範囲内であれば優秀な人物だが緊急の事態には対応できなかった。その理由として分析力の欠如が挙げられる。

  • ● 権謀術数
  • 6点。ラインハルトと指揮権の争奪を争ってこざかしい真似をしていた。

スポンサード リンク