ルイ・マシュンゴ

同盟軍の士官の一人で登場時は准尉だった。イゼルローンに駐留していたヤン艦隊の一員だったが、ユリアンが駐在武官としてフェザーンに赴任することになった際、ヤンの命令で護衛として同行することになった。背の高い黒人男性で見た目通り白兵戦に強く彼を紹介したシェーンコップ曰く「片手で1個小隊を倒せる」ほど。


ただしシェーンコップ自身は「自分なら片手で一個大隊」と豪語していることから、ローゼンリッターの最強クラス(ブルームハルトやリッツなど)と比べるとやや見劣りするよう。

命令に忠実な人物でラグナロック作戦が発動され、ユリアンがフェザーンから脱出しヤンのもとへ戻った後も護衛の任務を続けている。さらにその後ユリアンが地球に行った時も同行しており、護衛を命令したヤン自身マシュンゴの忠実さに呆れていた。

口癖

「人は運命には逆らえませんから」というのが口癖。登場当初から使用頻度が高かったが、登場してから時間が経つごとにその傾向が強まっていき途中からは会話のほとんどが「人は運命には逆らえませんから」だった。

ちなみにヤンは「宿命」という言葉が大っ嫌いだったため一文字違っていればひんしゅくを買っていたかもしれない。

人物ステータス

ルイ・マシュンゴ 人物ステータス

  • ● 白兵戦
  • 8点。ユリアンの護衛としてよく戦い彼を守っていた。ヤンが腕の立つ人物をシェーンコップに尋ねた際にマシュンゴを紹介していたことからも、その実力がヤン艦隊屈指であったことがうかがえる。

  • ● 統率力
  • 4点。基本的には従卒者としてユリアンに就き従うのみだった。自らが統率するよりは部下として命令を受ける立場のほうが適している人間だと思われる。

  • ● 人望
  • 7点。実直な人柄で、長い間ともに過ごしたユリアンとはとても親しい関係になっていた。

  • ● 決断力
  • 6点。言われたことを忠実に実行するタイプなので、自ら決断する能力には欠ける。ただし自分の使命を果たすためならどんな決断も躊躇らわなかった。

  • ● 分析力
  • 5点。話している内容や口調を聞く限り頭の悪い人間ではなさそうだが、抜群の知略を持つユリアンとともにいることが多かったため目立った分析力を発揮する機会はなかった。

  • ● 権謀術数
  • 4点。謀略を用いるよりも先に実際に行動するタイプではないだろうか。

スポンサード リンク